HOME

メニュー

カンジダ症の症状と治療法について

カンジダ症の症状

カンジタ症とは、性感染症の一種ですが、通常、人間の体内には、カンジタの病原菌(カンジダ・アルビカンス)が普通に存在しています。当然、性行為でも感染するのですが、疲労やひどい風邪などの、体力の低下や免疫力が低下している時などでも、症状が発症する場合があります。

カンジタ症の症状は、女性の場合だと膣や外陰部の周辺がむずがゆくなったり、悪化した場合、痛みやただれがみられることもあります。

また、おりものが、カッテージチーズのような状態になります。

カンジタ症の男性のケースは、陰茎が女性と違って外に出ていますので、洗い流しやすく、カンジタ菌に、感染しにくいといわれています。

しかし、不清潔にしてそのままに放置していると、カンジタに感染してしまい、痒みや、痛痒い症状が出る場合がありますので、注意が必要です。カンジタ症が発症してしまうのは、性行為などの外部的な要因と、体の免疫力の低下が原因とされています。

カンジタの治療期間は大体1週間ぐらいでおさまります。処置方法は、患部に薬を塗ったり、内服したりして、治療していきます。

カンジタ症は、体力が低下している人ほど発症しやすいです。

症状があらわれた時は、病院に行き、適切な治療を施しましょう!

カンジダ症の治療法

カンジタは、特に女性に多い病気で、人間の体内にもとから生存する菌ともいわれています。カンジタ症の元になるカンジタ菌は、いわゆるカビの一種!

発症すると、性器周辺にむずがゆさや痛みが出る病気です。

また、発症箇所も、性器周辺から口の中まで、様々な場所で症状が見られる場合があります。免疫力の低下などが原因で、発症しやすくなるとも言われています。抵抗力が弱い幼児や高齢者の方は、特に注意する必要があります。

カンジタ症の治療法は、まず病院で検査をして、症状が認められると、女性の場合、抗真菌剤を膣内に投与したり、性器周辺に抗真菌剤を塗って処置します。

男性の場合、痒みや痛みが発生している箇所にお薬を塗り、治していきます。

カンジタ症の治療期間は約1週間から2週間程度で、途中で治ったと思ってお薬をやめてしまうと、再発する可能性がありますので注意が必要です。お薬の投与は、お医者さんの許可が出るまで、やめないことが大切です。

カンジタ症は、体が弱っている人ほど発症しやすい病気です。当然性行為でも感染するケースがありますので、局部や体のどこかに思い当たる症状があらわれた時は、すぐに病院に行き検査を受けて、治療を施しましょう!


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。