HOME

メニュー

トリコモナスの症状と治療法について

トリコモナスの症状

トリコモナスとは、性感染症の一種で、女性の感染例が多い病気だとされています。感染しても自覚症状があまりなく、知らない間に進行してしまうケースもある、恐ろしいものです。トリコモナスに女性が感染してしまうと、卵管に炎症をおこして、不妊症の原因になる恐れがあります。

おりものに異常もおこり、悪臭が強く、膿のようなおりものが出るようになると、症状を疑ったほうがいいかもしれません。トリコモナスで症状があらわれると、外陰部に激しい痒みを感じるようになり、おりものにも異常が見られます。

進行してくると、膀胱や、尿道魔で達してしまい、排尿時に痛みがあらわれるようになります。子宮にまで達すると、早産や流産、不妊症の原因になる恐れがあります。

男性の場合だと、尿道炎を起こす場合がありますので、排尿時に痛みを伴います。ただ、男性の場合でも自覚症状がないことが多く、パートナーに、知らない間にうつしてしまうケースがあります。

トリコモナスの感染経路は、保菌者との性行為がほとんどだとされています。自覚症状があまりないため、病院にいきにくいというのもこの病気の恐ろしいところでしょう!

もし、自分の陰部やおりものに異常があらわれた時は、軽くとらえず、すぐに病院でみてもらうようにしなければなりません。

トリコモナスの治療法

トリコモナスの症状は、トリコモナス原虫が感染しておこる性感染症です。主に性行為から感染することが多く、コンドームの着用で感染予防をすることができます。感染してからの潜伏期間が長く、自覚症状があまり見られないケースもあり、放っておくと不妊症や尿道炎、膀胱炎など、重大な事態を招いてしまいます。

トリコモナスは、男性よりも女性に多い性感染症のようです。その理由は、やはり、陰部の構造に原因があって、女性のほうが内側に菌が入り込むからなのかもしれません。

トリコモナスの主な治療法は、抗トリコモナス薬剤を使用します。

男性の場合は、メトロニダゾールを2週間ほど服用し、女性の場合は、メトロニダゾールまたはメトロニダゾール膣剤を使います。抗トリコモナス薬剤の副作用は、アンタビュース作用(お酒を飲んだ時の悪酔いのような状態)になることがあります。

トリコモナスには、膣トリコモナスや、腸に感染して炎症をおこし下痢の症状があらわれる腸トリコモナスがあります。

感染を発見するためには、自宅で調べる検査キットを使うか、病院で性病検査をうけることが大事です。

性病の検査キットは結構お金がかかるので、病院で調べたほうが、より正確で、安価な値段で、検査を受けることができるでしょう。


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。