HOME

メニュー

性病検査は保険が適用されるの?


性病検査での健康保険は、基本的には適用されます。

しかし、性病の自覚症状がない状態で検査を受ける場合、保険適用外になる場合があります。

ここでは、どの検査が保険適用になりやすく、また、どの検査が保険適用外になってしまうのかを解説していきます。

性病検査、保険適用される病状は、「的尿検査」、「淋菌PCR」、「クラミジアPCR」、「ヘルペス抗体」、「梅毒」などの検査です。

これらの検査が保険適用された場合、通常の3割負担で検査を受けることが可能です。

性病検査、保険適用外の検査は、HIV検査やB型肝炎、C型肝炎などの検査です。これらの検査は全額自己負担ということになってしまいます。

ただし、保健所などで、無料で検査を行っている場合がありますので、調べてみるのもいいかもしれません。

通常これらの性病検査は、病院の泌尿器科、婦人科で行うことができます。また、病院によっては「性病科」という専門的なクリニックを持っているところもあり、もし身近に性病科がある場合は、そこで診察を受けたほうがいいでしょう。

性病検査のデメリットは、匿名性に欠けていることかと思われます。健康保険適用ならば、保険証を提示して身分を明かさなければなりません。

それがどうしてもはずかしいと感じる人は、自宅で検査できる「検査キット」も販売されていますので、まずは一度それらを試してみるのもいいでしょう。


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。