HOME

メニュー

尿検査について

尿検査も、性病検査の方法として有効なのでしょうか。

尿検査といえば、一般の定期健康診断などでも行われますので、かなり身近でイメージしやすい検査方法のひとつですよね。

尿検査は、尿を採取して、その尿をもとに検査を行うというものです。性病の検査としては、尿検査が有効になるものとそうでないものがあります。
例えば、淋病の場合、子宮の出口や尿道などに炎症が起きるため、尿の中にその症状が現れることが多く、淋病の疑いがあるということの判断をすることができます。

また、クラジミアについても、尿検査で判定ができるようになってきています。しかし、梅毒の場合は、血液検査が必要になりますので、尿検査ではしっかりした検査ができません。

このように、尿検査はすべての性病に有効なものではありません。病院に行けば適切な検査をしてくれますので、どのような検査を受けたらいいか分からないという方は、まずは専門医に行って相談してみると良いでしょう。


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。