HOME

メニュー

クラミジア検査の方法と費用・期間について

クラミジア検査の方法について

クラミジアの検査方法は、膣や子宮などの粘膜にクラミジアがあるかどうかを調べる抗原検査と、血液中のクラジミアの抗体を調べる血液検査が一般的です。

抗原検査は、膣や子宮の内膜に棒状の器具を入れて抗原を採取して調べる方法で、血液検査は血液を採取して調べる方法です。

こうしたクラミジアの検査は、一般的には病院で行われますが、最近では、検査キットを郵送で送ってもらい、必要な検体を自分で採取して返送すれば、結果を返送してもらえるというシステムもあります。クラミジア検査の場合は、尿をプラスチック容器などに入れて送ると、結果が送られてくるようになっています。性病の検査ということで、病院で受けるのが恥ずかしい方や忙しくて病院になかなか行けないという方は、ぜひ利用してみてください。

このように、クラジミアの検査方法は決して大変なものではありませんので、クラミジアかどうか気になっているという方は、ぜひ検査をうけてみてください。

クラミジア 検査の費用について

クラミジアの検査の費用は、いくらぐらいなのでしょうか。性病の検査というと、なんだかお金がかかりそうなイメージがありますから、費用の心配をしている人も多いかもしれませんね。

しかし、クラミジアの検査の費用は、それほど高いものではありません。病院にもよりますし、検査の内容にもよりますが、保険が適用されるとして、検査費用と診察料、処方料などを加えて、3,000円から6,000円ぐらいがおおよその相場です。

一方、自分で尿などを採取して、それを郵送すると結果を返送してもらえるというクラミジアの検査キットの場合の費用は、検査内容や検査方法によって、額が異なります。

安いものでは3,000円程度のものもありますが、有名な医師が監修した本格的なタイプなどの場合は、18,000円程度する場合もあります。

郵送の場合のクラミジアの検査は、多少費用がかかる場合もありますが、病院に行くのが恥ずかしい方や忙しくて病院に行く時間がないという方は、検査キットを利用してみるのも良いでしょう。

クラミジア 検査の期間について

クラミジア検査の期間は、一体どのくらいなのでしょうか。検査をしたら早めに結果を知りたいという人が多いでしょうから、どのくらいかかるのか、気になるところですよね。

病院でクラミジアの検査を受けた場合、検査結果がもらえるのは、大体1週間から10日後です。検査を受けた日に、いつ結果を取りに来ればいいか伝えられますので、その日に再度病院に行くようにしましょう。

一方、検査キットでクラミジアの検査を行った場合の期間は、早いと3日後ぐらいに分かります。これは、パソコンや携帯電話で、自分のパスワードなどを入力すると見られるようになっているというものです。その後、さらに数日すると、出力した検査結果が送られてきますので、もちろん紙ベースでも確認することができます。

このようにクラミジアの検査は、期間が長くかかるものではありません。クラミジアは放置しておくと、さらに重い症状を引き起こすこともありますので、もし問題があるようであれば、すぐに治療を開始するようにしましょう。


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。