HOME

メニュー

淋病の症状と治療法について

淋病の症状について

淋病の症状とは、男性の場合、尿道炎を引き起こし、尿道から膿が出て、排尿をした時に激痛が走ります。自然治癒することはなく、放っておくと深刻な事態に発展してしまいますので、早期の治療を行わなければなりません。

女性の場合、自覚症状が少ない時が多いため気づかずに病気が進展してしまったり、しらないうちに、異性へ感染してしまう恐れがあります。

淋病を放置しておくと、子宮頚管炎にかかってしまい、さらに悪化してしまうと淋病の病原体が卵巣にまで達し、最悪不妊の原因になってしまいます。

また、オーラルセックスをすることで、淋菌性口内炎や、咽頭痛にかかってしまう場合もあります。淋病は、不特定多数との性交渉を行っていると、当然その分リスクが跳ね上がります。

異性との節度ある付き合いと、もしかかってしまったことが判明した時は、必ずパートナーにその旨を伝える責任があることを、覚えておかなければなりません。それを怠ると、相手の人生を不幸にしてしまう場合だって考えられるからです。

淋病のような性感染症は、防ごうと思えば防ぐことができる病気です。

ひとりひとりの自覚と責任が、性病の蔓延を防ぐことにつながります。

あいにく淋病は治る病気ですが、だからといって母体となる女性の体にとって悪影響を及ぼすものですから、症状の出やすい男性のほうから注意する必要があるでしょう。

淋病の治療法について

淋病の治療法には、抗生剤の投与が有効とされています。淋病は、昔、不治の病とされていたこともあります。

ペニシリンが発見されたことにより、今では完治が可能な性病です。しかし、油断はしてはいけない病気には違いないでしょう。

淋病の患者の中には、一定期間治療を続けて、症状が見られなくなると、そこで治療をやめてしまう人もいるようです。

しかし、菌は確実に体の中に残っているんです。お医者さんの指導に従って、自己判断で治療を、途中で中断しないようにしましょう。

淋病の治療に使われる抗生剤は、スペクチノマイシン、ロセフィン、ケニセフ、トロビシン、セフォジジムなどが挙げられます。しかし、淋病の菌は、耐性ができやすいので、薬が効きにくい場合もあるらしいです。

淋病やHIV、クラミジアなどの検査は、病院の泌尿器科や、産婦人科などで受けることができます。

また、もよりの保健所などでは、無料で検査が受けることができる場合がありますので、疑わしいと感じる人は、訪ねてみるといいでしょう。

淋病は治る病気ですが、決してなめてかかってはいけません。早期発見、早期治療を心がけて、再度感染しないよう細心の注意を払うことが大事だと言えるでしょう。


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。