HOME

メニュー

性器ヘルペスの症状と治療法について

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルス(HSV)という病原体の感染によって、発症する性病です。性器ヘルペスには数日間から2週間ぐらいの潜伏期間があり、疲れなどで抵抗力が弱まった時に、発症しやすくなります。

性器ヘルペスの症状は、男性の場合はペニスに、女性の場合は外陰部に水泡のようなブツブツができ、だんだんと痛みや痒みが強くなっていきます。

性器ヘルペスは、自覚症状のないまま保菌する場合もあり、その症状がずっと出ない人もいます。また、感染力が強く、保菌者との性交渉だけではなく、菌に接触するだけで感染する場合もあるようです。そのため治ったと思っていても、再発を繰り返すケースが多いようです。

性器ヘルペスが潜伏している場合、完全にそれを死滅させるのは難しいようです。

しかし、HIVや梅毒などと比べて、それほど体にすさまじい異常をきたすほどの恐ろしい病気ではありません。症状があらわれたら、病院にいき、抗生剤を投与してもらうことで症状が治まってくるでしょう。

ただ、その時のセックスやオーラルセックスなどの、粘膜が接触するような行為は避けるようにしましょう。

また、疲労がたまりすぎてもヘルペスの症状が、あらわれやすくなる恐れがありますので、休養をしっかりとって抵抗力を下げないようにしましょう!

性器ヘルペスの治療法

性器ヘルペスは、とても感染力が強く、潜伏期間が長い病原体、「単純ヘルペスウイルス」が原因でおこる症状です。また、人間の体の抵抗力が弱いと、発症しやすい病気でもあります。

性器ヘルペスは、放っておかない限り、重大な事態を巻き起こすようなものではないのですが、他人に感染させてはいけないので、迅速な治療をしなければなりません。性器ヘルペスの感染経路は、主に性交渉などの粘膜感染です。感染した場合、うつさないようにセックスなどの行為は控えるようにしましょう!

性器ヘルペスの治療法は、ウイルスの増殖を抑えるために、抗ヘルペスウイルス薬を投与します。投与期間は、10日間ほど継続します。症状が深刻な場合は、点滴や注射などをしなくてはならない場合があるようです。

また、性器ヘルペスの症状である水ぶくれやただれの治療には、軟膏を塗って治します。そして、性器ヘルペスの再発防止には、アシクロビルを継続して投与するケースもあります。

性器ヘルペスのウイルスが潜伏している時に、それを全滅させることは、今の医学では無理なようです。

しかし、その症状を抑えたり、再発を防止することは可能です。見過ごさず、ちゃんと病院でみてもらうようにしましょう!


性病検査を匿名で自宅で行いたい方へ

性病検査は、病院や保健所で受けることができますが、仕事や家事が忙しくて、中々行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

また、病院や保健所などに行って、もし知っている人にでも見つかったらどうしよう。。。。といった不安を抱えて、中々そういった場所に行くことができないという方もいらっしゃるかと思います。
ただ、そうはいっても、性病検査を受けて、白黒はっきりさせたいという気持ちも強いかと思います。自分が性病にかかっているのかどうか、不安に思いながら日々の生活を送るのはとても辛いですよね。

そういった方にご紹介したいのが、性病検査チェックキットの【性病検査 STDチェッカー】なんです。

STDチェッカーは、クラミジア・淋菌・エイズウイルス・梅毒などの検査を「自宅でできる」検査キットです。自宅で、しかも自分で検査ができるため、誰にも知られずに性病検査を行うことができます。チェックしたい病気にあわせて、24種類の検査キットから選択することができます。もちろん、複数の病気のチェックができるキットもあります。

性病検査を行いたいけど、病院や保健所に行きたくない、行く時間がないという方は、STDチェッカーを試してみてはいかがでしょうか。
STDチェッカーの詳細については、下記のサイトをご覧ください。